やさしい日本語の使い方

日本語があまりできない外国人ともうまくコミュニケーションを取る方法があります。それが「やさしい日本語」の技術です。やさしい日本語とはざっくり言いますと、日本語の語彙や文法の学習レベルが、あまり高くない外国人にも分かる単語や文型を用いて、日本語を伝えていく手法です。

コツは下記です。
・文章はなるべく短く区切る
・難しい単語は使わない
・主語と述語をはっきりする
・二重否定など、分かりにくい文型は使わない

例えば、
「好きな食べ物はなんですか?」
と聞かれた時には、
「焼肉が好きかな。あとはラーメンもよく食べるし、カレーも嫌いじゃない。」
などと答えるのではなく、
「私は焼肉とラーメンとカレーが好きです。」
とシンプルな伝え方を心がけましょう。

日本語ができなくても、魅力的な人はたくさんいます。また日本語は年数を経ることにどんどん上手くなっていくものであり、それより根本的な性格や人としての相性の方が大事ではないでしょうか?

上記のようなコミュニケーション手法を心がけることで、やりとりができる女性の数は格段に増えます。
ぜひ心がけてみましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。